にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村


特集
パン屋さんマップ
ラーメン屋さん特集
ユーティリティ
サイトマップ
画像アルバム
カスタム検索
オーナーへメッセージ
< 2010年08>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
画像付き最新記事
過去記事
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 21人
プロフィール
l-support
l-support
つくばに住んでいます。ずっと住んでいるわけではないのですが、それなりにゆかりがあります。TX開通にあわせ、発展する街を見るのは楽しいものですね。「つくばであれこれ」公式!?ツイッター始めてみました。
2010年08月22日

旅の記録 2010夏 三徳山三佛寺 投入堂(なげいれどう)

旅の記録 2010夏 三徳山本坊三佛寺 奥院 投入堂(なげいれどう)




旅の記録 2010夏 三徳山本坊三佛寺 奥院 投入堂(なげいれどう)


行って来ました、投入堂です。

役行者が法力をもって岩窟に投入れたといわれ、「投入堂」と言われるようになったとのことです。

確かにすごいんです。どうやって作ったか、想像できない。

でも、ここのすごいのはこれだけじゃないんです。ここまで来る道のりがまた大変。

気を抜くと、マジで死にます。





最初からこんな感じです。

写真にしてしまうと、角度がわかりにくいのですが、これ、結構、急ですよ。






こんなところとか登るんです。

上に見える建物で、どの程度の角度か推し量っていただければと思います。

写真の左上が、「上」になります。

気分的には”90度”汗


これ、落ちたらかすり傷とかではすまないですね、多分。

ちなみに、ここは難所の一つらしく「かずら坂」という名前がついています。

坂か?





続いて、これ・・・

さっきの「かずら坂」より、ちょっと急なので、くさり、つけときました、って感じですね。

建物見てもらえればわかると思いますが、すでに、上を見上げる、感じになってます。

くさりがあるから、くさりを両手でもって上がっていけば、楽なんじゃない? なんて思ったら大間違い。

このくらいの角度になると、くさりは、おっかないですよ。

確かに落ちないけど、動くんですよね。岩とかは、動かないのでしっかり体を固定して登ることが出来るんですが、くさりだと、右に左に動く動く。

しかも、ここ、落ちたら、多分、一巻の終わり。落下防止用のネットとか、そんなもん、まったく無いですから。

ここも、名前がついてます。「くさり坂」です。そのままですね。

しかし、これ、観光地?








ってことで、苦労して上にあがりました。

上の建物から下を見ると、こんな感じです。

赤枠でかこったあたりが、「かずら坂」ですね、多分。

どう見ても、ガケ、ですよね。坂ではないな。








絶景です。


はるかかなたに、日本海が見えます。


ここは、「かずら坂」、「くさり坂」といった難関の越えてすぐの「文殊堂」ってところです。難関乗り越えてすぐに、この絶景だと、感動も大きいです。

これがあるから、多分、みんな、難関乗り越えてくるんでしょうね。






この後も、こんな場所とかあったりします。






ここは、「馬の背」、「牛の背」と呼ばれるところです。

見ての通り、馬の背に似た岩を伝っていきます。ちなみに、右側、ガケですから。

この日は晴れてて良く乾いていたので、特に問題なしだったのですが、ぬれてたら、ヤバイっすね、ここ。





そして、ついに到着、投入堂です。

感無量ですね。





おまけ



以前、遭難騒ぎがあったようで、入山が少し厳しくなりました。

単身入山は不可になってました。かならず複数人での入山になります。

それから、登山に適しない靴を履いていると、わらぞうり(500円也)に履き替えさせられます。

これ、最初はちょっと痛いですが、慣れてくると、なかなか良いみたいですね。

ちなみに、途中でわらぞうりが壊れた場合は、取替えに来てくれるみたいです。

なかなかすごいサービスですね。でも、携帯とかつながるのかなぁ・・・  続きを読む

Posted by l-support at 01:25Comments(0)